月別アーカイブ: 2015年9月

Lファスナー

正式にはL字ファスナー付長財布とでもいうのでしょうか。

お財布とひとくちに言ってもその形態は実にさまざまなものがあります。

長いの、短いの、二つに折るの、三つに折るの、ファスナーがついたの、口金がついたの等々・・・です。

その中で高屋でダントツ一番人気なのがこの「Lファスナー長財布」です。

外見はこんな感じです。

unnamed[1] (2)

中はこんな感じです。まん中のループが小銭入れです。カードポケットが両サイドにあって、その外側がお札のポケットです。裏側にもファスナーポケットがあります。

unnamed[1]

このかたちがなぜ人気なのか?それは圧倒的な使い勝手の良さです。

L字形に曲がったファスナーの上の長い辺をすーっと開けるだけで中のものが出し入れできます。

場合によってはバッグから取り出さなくても用が足りてしまうという便利さです。

あんまり人気で良く売れるので、どんどん種類が増えて現在販売中のものだけでも

なんと36素材にもなってしまいました。さらに色のバリエーションを入れれば100種類以上!

一覧でお見せしますので、お好きなものを選んで、ぜひ使ってみてください。

1212612

メテオール

1212613

テールワニ

 

 

1210621

レインボー
1010659

タントフェリーチェ
1083336

ストリーム
1285320

エナメール

1095347

ユーロバッファロー

 

1090326

 

1088348

ラムポイント

 

1211618

ゼブラ

 

猫・ねこ・ネコ

マスコット写真小銭入れ マスコット 1996年生まれ

ネコ好きの方へのおすすめ商品です

高屋では昔から動物キャラクター商品をたくさんリリースしてきましたが

中でもネコものは一番人気。もう何十年もネコは切らしたことがありません

今いるネコたちを歳の順にご紹介します。詳しいアイテムをご覧になりたい方は

ぜひカタログ・ページをチェックしてみてください

ネコたちLファスナー ネコたち 2009年生まれ

 

 

P1210249のコピー ニャンダフル 2015年生まれ

 

P1200944コピー ミーシャ 2015年生まれ

 

 

 

 

 

 

 

Handmade in JAPAN

hmij2

 

高屋のオリジナルブランドArukan、Neutral Gray、FLOWの2015A/W全商品のうち

およそ85%が日本製です。

日本製の商品にはHandmade in JAPANのタグがついています。

これはアメリカのスポーツ自転車メーカーCannondale(キャノンデール)をマネしたものです。

キャノンデールの自転車のフレームにはHANDMADE IN USAのシールが誇らしげに貼ってありました。

それがいい感じで、かっこ良くて、あこがれたものです。

しかし2010年ごろからキャノンデールも台湾製?になってしまい、あのロゴも見られなくなってしまいました。

大変残念で、寂しい気持ちになりました。

日本に手仕事によるものづくりを職業として残したい。高屋がそれに少しでも力になれればと思います。

その思いに共感してくださるお客様にお買い上げいただきたいと願って

Handmade in JAPAN付けてます。

DSCF0205s

 

 

 

ギフト・ショーに出展しています

東京有明の東京ビッグサイトで開催中の第80回東京インターナショナル・ギフト・ショーに

高屋が出展しています。会期は9/2(水)~9/4(金)です。

今回はArukan、Neutral Grayのお財布や革小物が中心の展示です。

ギフト・ショーにお出かけのご予定の方がいらっしゃいましたら

ぜひ私どものブースにお立ち寄りくださいませ。その際「ブログを見た」とおっしゃっていただけると

とっても嬉しいです。

西展示棟1F 1104・1105です。お待ちしております。

会場の様子です

150902

 

 

 

ブログはじめます

9月に入ったばかりだというのに東京はすっかり秋の気配です。

高屋のホームページをリニューアルしてから早いもので丸一年がたち

カタログページでは3シーズン目の商品をご紹介しています。

このたび一周年を期に、というわけでもないのですが

長らく準備中だったこのブログをスタートすることになりました。

おすすめ商品のご紹介やイベントのご案内

全国の販売店様もぜひご紹介したいし

製造現場からの発信もあるかもしれません

そのほかハンドバッグやお財布についてのあれこれ

また近ごろ急速に変貌し、一躍注目スポットになりつつある高屋創業の町

ここ蔵前のご案内、などなどいろいろ考えています。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。                    T.T.

社屋